MENU

マガポケでポイントの貯め方まとめ!スクショの撮り方や重い時の解消法も徹底調査!

マガジンポケット(マガポケ)で『東京卍リベンジャーズ』の公式スピンオフ作品が、2022年7月27にスタートしました。

『東京卍リベンジャーズ』〜場地圭介からの手紙〜 を読むことのできる、マガポケの使い方やポイントの貯め方、スクショやアプリが重いときの対処法をまとめました。

マガポケで無料マンガを楽しむ際にお役立て下さい。

目次

「マガポケ」とは

2015年にマガジン公式アプリ「マガジンポケット(マガポケ)」(講談社)としてリリースされた、毎日漫画を無料で読むことのできる 漫画アプリです。

毎日更新されるマガジンの漫画を毎日無料で読むことができ、現在、300種類以上の作品が掲載されています。

 

マガポケ掲載の作品には1話無料チケットの対象作品と、ポイントを使用することで読むことのできる作品があります。

まず、チケットの対象作品には、毎日無料で読むためのチケットが1作品ごとに1枚付与されます。

基本の無料チケットは1枚以上の保有はできず、使用したチケットは23時間で回復する仕組みです。

 

別に、プレミアムチケットがログインボーナスで貰えます。

チケット対象の全作品の内から1話を無料で読むことができ、複数枚を保有することができます。また、プレミアムチケットは、不定期に開催されるキャンペーンでも貰うことができます。ただし、プレミアムチケットには有効期限があるので注意が必要です。

 

マガジン誌で掲載中の漫画から掲載終了のマンガまで、マガポケ掲載の作品範囲は広く、「週刊少年マガジン」「別冊少年マガジン」の他にも、「月刊マガジン」「ヤングマガジン」「アフタヌーン」「モーニング」の名作から連載作品、マガポケでしか読めないオリジナル作品も読むことができます。

 

「週刊少年マガジン」と「別冊少年マガジン」に連載中のマンガは、最新話の2話前を公開期間限定で、チケットを使わずに無料で読むことができます。

 

 

💡マンガは毎日更新されますが、1作品が毎日更新されるわけではありません。

作品ごとに更新される曜日が設定されています。

作品単位での更新は、実質的に1週間に1回の更新となります。

ただし、作品別に毎日更新されていますので、毎日新しいマンガを読むことができるようになっています。

 

気になる連載中の最新話も随時、更新されていて、ポイントを使用すると読むことができます。

最新話や、既存作品の途中話を読み進める際にもポイントが必要となります。

ただし、ポイントを使用して読んだ話は、いつでも読むことができます。

 

💡毎日無料で漫画は読めるものの、デメリットもあります。

残念ながら作品の一気読みには向いておらず、読み進める途中でポイントを使用して読む回が出てくるため、1作品の全話を無料チケットで読むことはできない仕組みです。

ポイントを無料で貯めることはできますが、一気に大量のポイントを貯めるのは難しく、無料で貯めたポイントのみで読み進めるには時間がかかってしまいます。

また、オンラインでないと掲載作品を読むことができず、作品のダウンロードもできませんので、オフラインの場所ではマンガ読むことができません。

 

なお、マガジン誌の電子版を購入できるサービスがあり、定期購読がお得です。

 

👆例えば!週刊少年マガジンであれば約1冊分お得になります。

週刊少年マガジン:   1冊300円

電子版:         1冊300ポイント

定期購読:       月額840円(税込)

 

 

👉そしてついに、マガポケでスタートしました!

『東京卍リベンジャーズ』公式スピンオフ|2022年7月27日(木)スタート

『東京卍リベンジャーズ』〜場地圭介からの手紙〜

 

マガポケでポイントの貯め方まとめ!

ポイントを無料で貯める方法はいくつかあります。

 

1|動画を視聴すると、1回あたりの視聴で約5~10ポイントを獲得できます。

2|ポイントプレゼント対象作品を読むと、ポイントがプレゼントされます。

3|無料ポイントGET‼の条件クリアは、他アプリのインストールやイベント参加により獲得できるポイントで、比較的大きいポイントを獲得できます。

4|不定期に開催されるキャンペーンに応募することでポイントを獲得できます。

 

そして、ポイントは購入することもできます。

120ポイント:120円(税込)から用意されていて、3,160ポイント:3,060円(税込)以上の購入からボーナスポイントが付くようになります。

また、毎月ポイントを定額購入するとボーナスポイントが付き、330ポイント:300円から用意されています。

スクショの撮り方

スマホでスクリーンショットを撮る場合は、電源ボタンと音量ボタン(-)を同時に押すのが一般的です。

しかし、マガポケではスクショ可能なページと、禁止されているページがありますので注意が必要です。作品の閲覧ページでスクショは禁止となっており、禁止ページでスクショを繰り返すと、以下のような警告文がでます。作品の閲覧ページ以外はスクショ可能です。

禁止された行為が検出されました。

マンガ画面のスクリーンショットは《禁止》されています。

繰り返しの実行が確認された場合は、予告なく【本サービスの利用を停止】させていただく場合がございます。

重い時の解消方法

通信環境が安定していない

通信環境が整っていないトンネルや地下などの場所では、アプリが正常に動作しない、表示が重くなる場合があります。通信状態の良い場所へ移動して試してみて下さい。また、時間帯により周辺のデータ通信にアクセスが集中している場合は、時間帯を変えて試してみて下さい。

また、端末の設定を変更する方法もあります。Wi-FiをONにしている場合はOFFに変更し、モバイルデータ通信にする。若しくは、Wi-FiがOFFになっている場合はONにし、Wi-Fiを利用することで安定する場合があります。

 

運営側のサーバーにアクセスが集中している

サイトの運営側サーバーにアクセスが集中していて、表示が重く、動作しなくなる場合があります。その場合は時間帯を変えて試してみて下さい。

 

端末ストレージの容量不足

スマートフォンのストレージに空き容量が不足している場合は、不要なアプリ、写真や動画などを削除することで、ストレージの空き容量が増え、正常に動き始める場合があります。

 

キャッシュデータの蓄積

キャッシュデータが蓄積していることで、重くなる場合があります。その場合はキャッシュデータの削除を行って下さい。

iPhoneの場合:設定からSafariを選択→履歴・Webデータ削除

Androidの場合:設定からアプリを選択→マガポケのストレージ選択→キャッシュ削除

 

CPUに負荷がかかっている

長時間端末を使用していることで、CPUに負荷がかかり重くなることがあります。その場合は一度電源を落とし、しばらく時間をおいてから電源を入れることで解消する場合があります。

まとめ

毎日更新されるマガポケ掲載の作品は、1話無料チケットの対象作品と、ポイントを使用することで読むことのできる作品があります。作品ごとに更新される曜日が異なっているので、作品単位での更新は実質的に1週間に1回です。

マガジンの最新話の2話前はチケットを使用せずに、公開期間内であれば無料で読むことができます。

更新された最新作はポイントを使用すると読むことができます。

 

💡1作品を全話読む場合は、どこかのタイミングでポイントを使う必要があります。

 

|ポイントを貯めるには

  • 動画を視聴すると1回あたり約5~10ポイント獲得できます。
  • ポイントプレゼント対象作品を読むと、ポイントがプレゼントされます。
  • 無料ポイントGETの条件クリアは、他アプリのインストールやイベント参加により獲得できるポイントで、比較的大きいポイントを獲得できます。
  • 不定期に開催されるキャンペーンに応募することでポイントを獲得できます。
  • ポイントを購入する場合は、120ポイント:120円(税込)から用意されていて、3,160ポイント:3,060円(税込)以上の購入からボーナスポイントが付くようになります。また、毎月ポイントを定額購入するとボーナスポイントがつき、330ポイント:300円から用意されています。

 

|スクショについて

スマホでスクリーンショットを撮る場合は、電源ボタンと音量ボタン(-)を同時に押すのが一般的ですが、マガポケではスクショ可能なページと、禁止されているページがありますので注意が必要です。

 

|重い時の解消方法

  • 通信環境が安定していない場合は、場所や時間を変えてみます。
  • 運営側のサーバーにアクセスが集中している場合は、時間帯をずらしてみます。
  • 端末ストレージの容量不足、不要なアプリや写真・動画を削除し空き容量を増やします。
  • キャッシュデータが蓄積している場合は、キャッシュデータを削除します。
  • CPUに負荷がかかっている場合は一旦電源を切り、時間をおいて再起動します。

 

『東京卍リベンジャーズ』公式スピンオフ|2022年7月27日(木)スタート

『東京卍リベンジャーズ』〜場地圭介からの手紙〜

そして、「東リベ」と言えば、映画「東京リベンジャーズ2」実写版の続編制製作決定!

上手に利用して、マガポケのマンガを楽しみましょう。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次